moebun – チラシのデザイン制作から印刷

おしゃれなチラシを自分で作る

チラシのデザイン制作から印刷までの流れ!おすすめの用紙について

チラシは新聞の折り込みやポスティングなど幅広く活用できるため、企業ではチラシでお客さんを集客することを求められることもよくあります。
最近は、インターネットの時代なのですが、自社のことや製品、サービスについて知らない人の目にも触れることができるためチラシで宣伝をするお店も多いです。
そこで、チラシのデザインや作り方、制作の流れなどについて見ていきましょう。

▼ 目次

チラシのデザインから印刷までを行ってくれるサービス

チラシには新聞の折り込みやポスティングに使うものと、フライヤーと言ってお店に置いてもらうタイプのチラシがあります。
一般的にチラシを作ろうと考えるときは、新聞の折り込みやポスティングに使用できるチラシを作ろうと思うことが多いです。
チラシを作ろうと考えたとき、自分で制作をしようとするとどんなチラシにすればいいのか分からないことが多いと思います。
そんなときは、チラシのデザインから印刷までを行ってくれるデザイン制作会社に依頼をしましょう。
デザイン制作会社の中には実績が多い企業や、デザイナーがたくさんいる企業もあるのできっと自分や会社が求める理想のチラシを作ることができると思います。

おしゃれなチラシを自分で作るときの作り方

チラシを作りたいという人の中には、デザイン制作会社に依頼する予算もないという人もいるでしょう。
そんなときは、自分でデザインの制作を行わなければなりません。
自分でチラシのデザインを考えるときはシンプルに作ることを重視するのではなく、おしゃれに作るように努力してみましょう。
チラシをおしゃれに作るときの作り方は、美しい写真を背景に使ったり、背景にカラフルな色を使ってみるのがおすすめです。
チラシは見ずに捨てられてしまうケースが多いので、少しでも人の目に留まりやすいチラシを目指したり、カラフルにして人の目を引くように作るのがポイントとなります。
また、文章を加えるときはシンプルかつ重要な部分だけを入れるようにして、誰が見ても分かりやすいチラシを作るようにしましょう。
自分でチラシのデザインを考えればその分予算を抑えられますし、予算を抑えた分多くの枚数を印刷してもらうことも可能となるでしょう。

デザインの予算ってどのくらい?

自分でチラシのデザインを考えるのではなく、デザイン制作会社にチラシやフライヤーを作ってもらうときは、まず予算について考えなければなりません。
予算の立て方が分からないまま、チラシを作ってしまうと予算がかかり過ぎてしまうことも十分に考えられます。
チラシというのは予算をかけた分効果が出るというわけではないので、広告宣伝費としていくらの予算を使っていいのかを考えてから予算内でチラシを作るようにしましょう。
チラシの予算を決めるときは一般的に売り上げ×一定の割合から広告宣伝費を求めると言われています。
この方法で予算を立てれば、予算の計算がしやすくなるので初心者の方にもおすすめですよ。

チラシの制作から印刷までの流れ

チラシの制作の流れ
1,初回打ち合わせ
2,デザイン制作
3,デザイン制作の原稿チェック
4,印刷
5,納品(配布)
といった一連の流れでチラシが作られます。
まずは、チラシのデザインの制作を依頼する会社を探し相談、自分がどんなチラシを作りたいかや制作スケジュール、予算や内容などについてを初回打ち合わせで話すことになります。
その後、デザイン制作会社が依頼した内容に沿ってデザインを考案し、依頼者が原稿をチェックしその内容に納得すれば印刷に取りかかってくれます。
しかし、依頼者が原稿をチェックしデザインが納得いないということであれば、再度デザインを考えてくれますよ。

チラシの印刷・デザイン はこちら

 

チラシのデザインで好印象に残る例

先ほども言いましたが、チラシのデザインは目を引くものでなければ意味がありません。
なので、デザイン制作会社にデザインを依頼するときは、おしゃれかつ派手なものをデザインしてもらうほうがいいでしょう。
デザインを確認するときは客観的な意見が言えるように、チラシをパッと見たときの印象からデザインを作り直しをしてもらうかを考えましょう。
ここでチラシ作りの参考になるように、チラシのデザインで好印象に残った例をいくつか挙げてみたいと思います。
好印象なチラシを作りたいときは一目で目や心に刺さるキャッチコピーを考えることです。
また、誰に何を伝えたいのかもしっかりとチラシのデザインに込めるようにすると、目を引くチラシが作れるのではないかと考えられます。

チラシの印刷にかかる費用ってどのくらい?

チラシを作ろうと考えたとき、印刷ってどのくらい費用がかかるのか心配になると思います。
もちろん、チラシを作るときの用紙の種類や連量などによっても印刷料は異なるのですが、チラシの必要枚数や予算を考えて、チラシの用紙の種類と厚さを決めるのが重要になります。
相場はオフセット印刷A4サイズ(コート紙200枚)で大体3,000円〜5,000円程度と言われています。
しかし、格安で印刷をしてくれる会社であれば印刷料を抑えられるので、出来るだけ予算を抑えたいという場合はネットで依頼できる格安印刷会社に相談をしてみたほうがいいと思います。

チラシのデザインを引き立ててくれる用紙の種類は?

用紙の種類には光沢紙(コート紙)・マット紙、普通紙(上質紙)などの種類があります。
こんなにも種類があるとどの用紙を選べばいいのかで迷ってしまうと思います。
チラシの用紙としておすすめなのは、光沢紙と言われるコート紙を使うのがいいと考えられていて、チラシのデザインを引き立ててくれる用紙とも言われています。
チラシのデザインを引き立ててくれる用紙は高いんじゃないのと思う人もいますが、このコート紙は一般的に新聞の折り込みやファッション誌の中身などにも使われていて、安くて触ったときにツルツルした感触があるのが特徴です。
美しい背景を使ったチラシを作るときや、人目を引くカラフルなチラシを作るときにおすすめだと言われていて、発色が良くて色鮮やかに印刷することが出来るのでチラシのデザインを引き立ててくれるでしょう。