チラシのデザインで参考にしたいもの!チラシの良い例って?

おしゃれなチラシを自分で作る
Home » チラシデザイン » チラシのデザインで参考にしたいもの!チラシの良い例って?

チラシのデザインで参考にしたいもの!チラシの良い例って?

チラシデザイン

チラシを作るとき、どんなイメージの物を作ればいいのか困ってしまうことってよくあると思います。
人がチラシを見て判断する時間はおよそ0.5秒だと言われています。
この0.5秒の時間でどんな印象を与えられるかがカギとなります。
では、どんなチラシであれば好印象に残るものが作れるのか見ていきましょう。

・チラシを見る人ってどんな人?
チラシのデザインは目を引くものでなければ意味がありません。
チラシを見るのは大抵家事や育児で大変な主婦、サラリーマンやOLと言った仕事で疲れている人たちです。
こういった人たちは、チラシなんて見る時間がないと思っているため、チラシをパッと見たときに自分には必要なチラシかそうでないチラシかを判断してしまいます。
チラシの概念を覆すようなデザインだったり、よりカラフルな印象にすることで目を引くチラシにすることができれば、手に取ってチラシ全体を詳しく見てもらうことができるでしょう。
手に取って詳しくチラシを見てもらわないと集客アップや売り上げアップは見込めないので、忙しい時間を割いてまで利用したいと思ってもらうためにも良いチラシを作るようにしましょう。

・どんなチラシが良いの?例は?
デザイン制作会社にデザインを依頼するときは、おしゃれかつ派手なもの、目を引くものをデザインしてもらうほうがいいでしょう。
デザインを確認するときは客観的な意見が言えるように、チラシをパッと見たときの印象からデザインを作り直しをしてもらうかを考えましょう。

ここでチラシ作りの参考になるように、チラシのデザインで良い例をいくつかあげてみたいと思います。
良いチラシを作りたいときは一目で目や心に刺さるキャッチコピーを考えることと、誰に何を伝えたいかを明確にすることが大切です。
ターゲットによってチラシでのアピールの仕方が変わり、よりターゲットに興味を持ってもらうことが出来るでしょう。
逆に、幅広い人に対するアピールを行ってしまうと、効果が薄くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

このようにチラシを作るときは人の目を惹きつけられるように、チラシの色に注意したり、キャッチコピーやターゲットを絞って制作してもらいましょう。
また、数字を強調することで集客アップをはかれることもあるので、価格は大きく目に飛び込みやすい大きさで作ってもらうのも良い例です。
上手く余白を付けたり、文字のバランスや背景と文字のバランスなどを考えて、よりいいチラシを作ってもらえるようにデザインの制作会社と打ち合わせをしましょう。