チラシを作るときの用紙って?デザインのイメージを損なわない用紙の種類

おしゃれなチラシを自分で作る
Home » チラシデザイン » チラシを作るときの用紙って?デザインのイメージを損なわない用紙の種類

チラシを作るときの用紙って?デザインのイメージを損なわない用紙の種類

チラシデザイン

チラシを作るときチラシの用紙には、複数の種類があることをご存知ですか。
チラシのデザインをデザイン制作会社に依頼したり、自分でチラシのデザインを作る場合などは自分で用紙の種類を選ばなければなりません。
チラシにはどんな用紙の種類があるのか、どの用紙がおすすめなのかについて見ていきましょう。

・用紙の種類は?
チラシを作るときの用紙の種類は、光沢紙(コート紙)・マット紙、普通紙(上質紙)などの種類があります。
こんなにも種類があるとどの用紙を選べばいいのかで迷ってしまうことも多いと思います。
そこで、まずは用紙それぞれの特徴について見ていきましょう。
光沢紙(コート紙)というのは表面にツヤがあり触ったときにツルツルしている紙のことを言い、特殊な薬品を紙面に塗った用紙のことを言います。
この特殊な加工が施してあることで、鮮明で鮮やかなカラーを印刷することが出来ます。
マット紙は光沢が出ないようにつや消しを施した用紙のことで、表面がサラッとしているのが特徴です。
マット紙の場合はカラーがややくすんで見えてしまうため、落ち着いた雰囲気を演出したい場合に使用されます。
普通紙はざらついた質感のある用紙で、表面が加工されていないので鉛筆での書き込みがしやすいのが特徴です。

・チラシにはどの用紙がおすすめ?
主に、マット紙は会社案内や名刺、イラストの入ったチラシに使われることが多く、鮮やかで目を引くチラシを作りたいのであれば光沢紙(コート紙)がおすすめです。
光沢紙の特徴は他の種類の用紙に比べて価格が安く、新聞の折り込みや女性ファッション誌の中身などにも使用されています。
チラシを作る場合はイラストではなく写真を使った物や、カラーを多く使ったチラシなどを作ることが多いので発色性の高い光沢紙を選んだほうがいいでしょう。
デザインの良さを引き立ててくれるので効果が高くなったり、人の目を引きやすいチラシになるのではないかと考えられます。

このように用紙の特徴を知り、チラシを作れば効果の高いチラシを作れると思います。
種類の特徴が理解できていないと、どんなにいいデザインを制作してもらっても良いチラシにはなりません。
チラシを作るときはデザインや予算などに目が行きがちですが、用紙の種類についてもよく考えるようにしましょう。
用紙の特徴をよく理解し、イラストを使ったチラシを作るときはマット紙、写真を使ったり鮮やかなカラーを出したい場合は光沢紙を使用するのがおすすめですよ。