フライヤーのデザインと予算を立てることの重要性

おしゃれなチラシを自分で作る
Home » チラシデザイン » フライヤーのデザインと予算を立てることの重要性

フライヤーのデザインと予算を立てることの重要性

チラシデザイン

世間でもっとも多く使われている言葉「チラシ」。
この意味合いは、主に広告として用いられるもので、1枚刷りの印刷のことを言います。
このため、チラシの場合は折り曲げずに使用します。
しかし、チラシにはフライヤーと言う種類もあるので、そちらについての紹介とチラシやフライヤーなどの予算について見ていきましょう。

・フライヤーって何?
フライヤーとはチラシと違って新聞折り込みやポスティングなどとして使われるチラシとは異なり、店舗などに置いて活用されるチラシのことを言います。
多くの場合はフライヤーと言っても分からないことが多いため、一括りとしてチラシと呼ばれています。
フライヤーは店舗に置いて活用することが多いため、お店の人の邪魔になったりスペースを取らないように小さいサイズで制作されることが多いです。
一方、新聞折り込みやポスティングなどで活用されるチラシは、フライヤーに比べて大きいサイズの用紙を使うことが多いため、チラシのデザインを考案してくれる会社に依頼をするときはフライヤーと比べ予算がかかると考えられます。

・初心者でも大丈夫!?チラシの予算の立て方
デザイン制作会社にチラシやフライヤーを作ってもらうときは、まず予算について考えなければなりません。
予算の立て方が分からないまま、チラシを作ってしまうと予算がかかり過ぎてしまうことも十分に考えられます。
チラシというのは予算をかけた分、効果が出るというわけではないので、広告宣伝費としていくらの予算を使っていいのかを考えてから、予算内でチラシを作るようにしましょう。
チラシの予算を決めるときは一般的に、売り上げ×一定の割合から広告宣伝費を求められると言われています。
この方法で予算を立てれば、予算の計算がしやすくなるので初心者の方にもおすすめですよ。
また、チラシではなくフライヤーでチラシを作るということであれば、予算を抑えながらチラシを作ることができると思います。

このようにチラシとフライヤーでは多少の違いはあるものの、予算を考えるのであればフライヤーでも十分に効果が期待できると考えられます。
チラシ制作の予算を立てることは難しいかもしれませんが、上記であげたような計算方法で予算を立てれば、いくらくらいの予算でチラシを作ればいいのかを判断できるでしょう。
フライヤーの場合は手に取って持ち帰りたいと思わせなくてはならないので、チラシよりも厚めで上質な用紙を使ったり、高級感を意識したデザインを考えましょう。